インシデント・アクシデント管理システム Smart Risk Manager スマート・リスク・マネージャー

インシデント・アクシデント管理システム Smart Risk Manager スマート・リスク・マネージャー

機能紹介

医療安全掲示板を活用したコミュニケーション機能

インフォメーション
管理者からのお知らせ、医療安全活動カレンダー、掲示板の利用ができます。
「医療安全推進週間」や「医療安全ニュース」などのお知らせ、「警鐘的インシデント事例」の掲載による院内注意喚起など、医療安全に関わる様々な情報発信を行うことが可能です。

 掲示板機能スケジュール

インシデントレポート報告時の優れた操作性

インシデントレポート報告は「1ページ完結型」です。マウス操作による選択方式を徹底採用しています。パソコン操作の苦手なスタッフでも簡単・スピーディに入力が可能です。「必須項目」や「匿名報告」を設定しての運用も可能です。

かんたん事象登録マウスで簡単入力詳細入力

リスクマネージャーによるレポート管理機能

レポート管理報告されたインシデントレポートは「状態アイコン」付きで一覧表示されるので、管理者は報告レポートの状態を一目で識別することが可能です。「報告ワークフロー」の構築により、各職場長や部門長のレポート確認状況を俯瞰して把握することが可能です。※下図参照

仮登録(中断保存) 仮登録(中断保存)  所属長確認済(確認者1~) 所属長確認済(確認者1~) 
速報(第1報) 速報(第1報) 部門長確認済(~確認者9) 部門長確認済(~確認者9)
本登録(登録完了) 本登録(登録完了) 管理者承認済(編集不可) 管理者承認済(編集不可)
差し戻し(コメント可) 差し戻し(コメント可) 例外化(集計対象外) 例外化(集計対象外) 

 

ワンタッチで多彩な統計資料・グラフ作成が可能

期間指定と条件設定により、様々な角度から集計を行うことができます。
部署別集計、A×Bクロス集計、レベル別集計、記述集計など機能が豊富です。
定例委員会等で毎回利用する統計資料は"定例集計"に登録しワンタッチで結果を得ることが可能です。

集計条件設定 グラフ作成統計資料作成かんたん集計

要因分析ツールを標準装備!

各種分析用テンプレートを標準装備しています。
電子報告されたレポートから記述を引用し、根本要因の探求に活用することができます。
定量+定性分析もサポートします。

4M4E分析出来事流れ図要因分析SHEL分析

エラーマップ発生要因分析

看護業務領域別に「業務プロセス」と「エラー分類・項目」をマトリクス展開し、エラーの集中している看護業務を把握することができます。

※ 川村治子先生の「ヒヤリ・ハット11,000事例によるエラーマップ完全本(医学書院)」に準拠したエラーマップ作成機能です。

エラーマップ分析エラー要因マップ

集計結果をワンタッチでExcel展開

ワンタッチでExcel展開

データ集計後、[Excel]ボタンを押すと自動的に表計算ソフトExcelが起動し、集計結果がそのままシートに貼り付けされます。集計データの二次活用にとても便利です。

場所別グラフ時間帯別グラフ 

管理者を支援する便利な機能

アップデート機能

アップデート機能Smart Risk Managerのアップデートファイル(機能改良や機能強化プログラム等)の取り込みを、システム管理者が簡単に実行できるメニューを標準装備しています。

操作ログ(履歴)管理機能

ログ機能不正利用や運用トラブル防止のため「誰が、いつ、何を」操作したか、について履歴を管理しています。

HELP機能

ヘルプ機能各選択項目に対して説明文を自由に記載することができます。
また、報告者が選択しに迷いやすい場面には項目の[説明ボタン]が配置され、ボタンを押して詳細説明を参照することができます。