テクニカルイン長野

SMART TPM v3

全員参加型 保全管理システム

資料請求はこちら

全員参加型 保全管理システム
【日英多言語対応】

SMART TPM v3

保全管理システム「SMART TPM」は、TPMの8本柱における、個別改善、自主保全、計画保全をサポートするシステムです。 予防保全にかける費用は、故障による損失を防ぐための先行投資であるといえます。 予防保全と事後保全の実態を把握し、適切な保全費用で故障を防ぎ、 信頼性及び収益性向上を目的とし多くの製造業様で使用していただいているシステムです。
本システムは、保全現場スタッフの皆さまの意見を取り入れながら日々新化しつづけ、永続的に保全現場を支えてまいります。 これからも保全活動の“強化”“進化”を全員参加型保全管理システムSMART TPM を通じて皆さまを支え続けます。

PDCAサイクルに沿った運用

SMART TPMは保全活動を
『PLAN(計画)』『DO(実行)』『CHECK(評価)』『ACTION(改善)』
のサイクルでサポートします

    • PLAN(計画)

      保全スケジュール

      設定されている保全サイクルにより未来の保全実施予定日をガントチャートで表示します。定期メンテナンス予定は青ライン、定期保全実施は緑ライン、事後保全実施は赤ライン保全活動仕掛は 黄色ラインで表示されますので、予実結果がひと目で把握できます。また、各ラインをダブルクリックすることにより「定期保全」もしくは「事後保全」画面がダイレクトに起動するので、スムーズに実績を登録するとができます。 

    • DO(実行)

      保全実績はコンピュータおよびWindowsタブレットから登録できます。登録した保全実績はダッシュボード(活動版)や設備統計に反映されます。

      定期保全

      保全サイクルを選択すれば、設定されている保全項目が一覧表示されます。

      事後保全

      不意な故障は事後保全(エフ付け・エフ取り)として登録します。

    • CHECK(評価)

      ダッシュボード(活動版)
    • ダッシュボード(活動版)は行動方針・考え方・日比生保全活動の成果を視覚的に捉えることができます。保全活動の成果や問題点が簡単に把握できるので今後のサークル活動の活性化につながります。
    • ACTION(改善)

      保全内容を見直し改善する

      蓄積されたデータを元に保全内容やサイクルを見直し、改善していくとで次のPDCAサイクルへ繋いでいきます。継続的な業務改善(スパイラルアップ)を図ります。

    • CHECK(評価)

      ダッシュボード(活動版)

      ダッシュボード(活動版)は行動方針・考え方・日比生保全活動の成果を視覚的に捉えることができます。保全活動の成果や問題点が簡単に把握できるので今後のサークル活動の活性化につながります。

製造現場の保全活動をサポートする7つのポイント

  • 1

    WEBブラウザで手軽に操作

    • WEBブラウザからURLを指定するだけの簡単操作
    • クライアント端末はセットアップが不要な為、大幅なTCO削減に繋がります
    • 複数拠点で利用が可能です
    • SMART TPMはライセンスフリーで活用いただけます
  • 2

    秘密を守るセキュリティー機能

    • 利用者ごとに権限を付与し、使用するメニューを制限する事が出来ます
    • 情報は全て自社サーバで管理するため、情報漏えいを防ぐことが出来ます
  • 3

    使いやすさを追求したインターフェイス

    • SMARTTPMはWEBブラウザで操作します。最新技術を活用し、優れた操作性とレスポンスを実現しています
    • 設備情報の整理や検索は設備エクスプローラで簡単に目的の設備にたどりつくことが出来ます
  • 4

    安心のサポート&サービス体制

    • 導入時の操作説明から運用支援、本番稼働まで専任のSEが対応します
    • インターネット回線を利用したリモートメンテナンス環境を構築すれば遠隔地のお客様に対しても充実したサポートが可能です
  • 5

    サークル活動の成果をアピール

    • 活動板や設備統計は保全活動の成果や問題点を把握する事が出来ます
    • 全体方針・サークル方針・目標、成果を第三者にアピールする事により、サークル活動をより活性化します
  • 6

    Windowsタブレットでリアルタイム入力

    • タブレット端末を利用しすれば、作業現場でタイムリーに保全結果を入力する事が出来ます
    • 保守用部品もバーコードを利用して簡単に棚卸ができます
  • 7

    保全活動の実態を素早く把握

    • 日々入力された保全実績を、設備及び部品単位に集計します予防保全と事後保全の実態を把握し、適切な保全計画を策定する為の分析機能です
    • 設備別統計
    • 設備単位に保全件数・定期保全の良否・エフ付け時の部位や症状、ロスなど様々な情報がグラフ表示されます。 ロスやエフ結果などを参考に時期定期保全項目の策定を行います。
    • ランキング集計
    • 保全金額の多い設備もしくは利用された頻度が多い部品を指定された期間で集計しランキング表示します。 このランキングにより設備の保全計画見直しや、保守部品の適正在庫評価に利用します。
    • クロス集計
    • 保全金額もしくは使用部品を月単位にクロス集計します。このクロス集計により季節性のトラブルや保守部品の使用頻度を把握することができます。

SMART TPM v3

製造現場の保全活動をサポートします!

資料請求はこちら

テクニカルイン長野